任意整理後初めての振込み、それさえも遅れたときの金貸しの判断

債務整理後の支払いには緊張感を持つべきです。
私のように任意整理後初めての振込みでも遅れて、なんてのでは滞納を警戒されることにもなります。
貸金業者や信販会社など金貸しにしてみれば、無理な和解ではないはずだから、遅れはありえないわけです。

振込みも遅れ気味で延滞がちであればそのままでいるよりはよろしいということで、
債務整理で借金に関しての負担を軽くしたいという場合。
任意整理といった手段を採る人もいるかと思います。

自己破産のように裁判所をはさむことなく、貸金業者なりクレジットカードなら
信販会社なりと交渉して、借りれたお金に関して融通をお願いする、ということに
なるわけです。

任意整理の場合には、少なくとも金利分の支払いはカットということにはなるでしょう。
交渉次第では元金も減額、ということにはなるでしょうが、少なくとも元金の返済だけで
ということにはなるわけです。

そんな具合ですから、もちろん任意整理の場合には、その支払いも生じてきます。
返済額が変わるものの、振込みを続けていく必要はなくならないわけです。

さて、そんな場合、もしも振込みが遅れてしまう、なんてことになるならば。

特に任意整理後初めての支払いで期日に間に合わない、というのは自分の経験から言うと
避けておいたほうがいいです。
それにより何かしらペナルティがあるというわけではないのですが、
金貸しも警戒しながら応じてくる、といったことにはなります。
いつ滞納しだすかわからない、といった具合の目で見られることにはなります。

自分のときは、それ以降、毎回支払期日の前に催促の電話が来る、ということに
なってしまいました。
払えなくて滞納しようものなら強制執行でもしてやろうか、といった考えだったのかも
しれません。

任意整理後の初回の振込みから応じることができないというのは、支払いつもりがないと
判断される、そんな危険があるかと思います。
だから毎回催促して、なんてことになったかと思います。

もともと任意整理の交渉時に、払えない金額で和解したわけではないですから、
初回から払えない、なんてことは普通に考えればならないわけです。
そこをあえて期日迎えても入金ないわけですから、余計な判断されても
仕方がないわけです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ