返済額の入金遅れ、連絡入れるも督促避けるのに失敗した体験談

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

キャッシングとかクレジットカードの支払い遅れ。
いつ頃入金できるのかを伝えれば、回収係も静かなはずです。
ただし、返済額振込みもしていないのにしたと伝えても逆効果です。
自分も要らぬことを言って信販会社の人怒らせた体験談書いときます。

キャッシングとかクレジットカードとか利用をしていれば毎月振込みの必要が
あることにはなります。
銀行口座からの引き落とし、ってコトではあるでしょうが。

引き落としに指定している口座にお金が残っていない、なんて場合もあるでしょう。
それで、支払期日から遅れてしまう、といった場合もないわけでもありません。
そういった場合にすぐに返済額分用意して振込みできればいいですが、
たまたまそんな余裕がなく少々滞納とする必要もでてくるときもあるかもしれません。

支払い延滞になりそうな場合、前もって期日から入金が遅れそうだとお金借りれたところ
に連絡を入れておいたほうが、回収担当の人からうるさい電話をもらわずに済む、
なんて体験談や噂を見たり聞いたりすることもあります。
確かに前もっていつ頃払えると連絡入れとけば、貸金業者にしろ信販会社にしろ
とりあえず待ってみるということにはなるでしょうから、そのほうがいい場合も
あるとも言えるのかもしれません。

ただし、こういったやり方はハッキリいつ頃返済額払えるのかわかっている場合に、
ということにはなってくるでしょう。
伝えた日取りになっても入金されていないともなれば、やっぱり金貸しとしては
腹を立てるわけです。

自分もクレジットカードの支払いが遅れちゃったときに、本当はいつ頃お金が
用意できるのか予定が立たなかったのだけれど、とりあえずで、明日付けで入金をした、
なんてこと言っちゃったんです。

そん時は遅れてた給料が明日入るかもしれないから、といった期待が漠然とあっただけで
そんな風に口走った、というわけです。
歩合制の契約社員で給料の受け取りも月末ではない、といった身の上でしたから、
不思議にも思われず。
けれども、やっぱりお金が入らず結果的に嘘をついたことになってしまい、
回収担当の人も怒り出しちゃった、てなわけです。

入金したと伝えるにしても、これからするつもりではなくて、実際に入金してから、
としたほうがよろしいんじゃあないでしょうか、といったわけなのです。
たいした体験談ではありませんが、督促避けようにも言い方によっては思いどうりには
ならず、といったようなことを述べてみたのです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です