自己破産を機に借りパクして税金未納解消? 法律家にも辞任され

自己破産をすることによって借りれたお金の返済を免除されることにはなります。
これを悪用して自己破産前に貸金業者などから借りパクしておこう、なんて輩がいます。
税金未納の解消とかに破産直前に融資された借り入れ金を充てようというわけです。

抱えた借金をなくす方法として、債務整理で自己破産する、といった手段も
ないわけでもありません。
破産することによって残った借金の返済を免除してもらうわけです。

世の中には借金を免除してもらえることを悪用しようと、自己破産前にお金を
借りれるだけ借りて、なんてことを考える人がいます。
お金を借りるというよりも、破産前に引き出しておく、そんな感覚なのでしょう。

破産する、というぐらいでは支払いの延滞も長期になっている、ということが
少なくはないでしょう。
そういった返済の振込みもすっぽかしたままの人だと、借金だけではなく
他の支払いもすっぽかしたまま、なんて場合が少なくはないです。
たとえば、借金の返済だけでなく税金未納のままであるとか、そういったことが
あったりします。

借金の返済に関しては破産で免除されることになっても、滞納している税金未納の
支払い分まで免除されることにはなりません。
で、それを解決しようと、破産直前に借りれたお金をそっちの支払いに充てよう、
なんて悪知恵を働かすわけです。
長期延滞ということでは新規に他社借入増やすことは望めませんが、借り入れしている
貸金業者のうち一応はきちんと支払い済ませているところがあるのであれば、
利用可能枠が残っているのなら追加融資を受けるというのも絶対に無理、
ということにはなりませんし。

言わば、破産する機会を悪用して借りパクしようというわけです。
これは返すつもりのない借金の申し込みをする、ということでは考えようによっては
詐偽にもあたります。

そんな具合ですから、それのおかげで免責が下りなかったりなんてことも
まったくないわけでもないでしょう。
また、弁護士や司法書士など法律家に破産の手続きを依頼するでしょうが、
こりゃ悪質だということで辞任されることにもなるんじゃあないでしょうか。
さすがに詐偽まがいの手伝いはする気もないでしょうし。

お金を借りるということは、お金を引き出すことではない、といったことに
いくらなんでも破産前には気付くべきでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ