ローンなどにおける保証人と連帯保証人の違い

ローンなど借金に関しては、保証人といった問題が付きまとうこともあります。
と言うのも、お金を融資する側にとっては保証人を付けたうえで借りてもらうことで、
万が一債務者が返済できなくなった場合のリスクを減らせるからです。
保証人に肩代わりさせて、貸したお金を回収すればいい、となるからです。

さて、事業資金の借り入れにおいては保証人を求められることもあるかもしれません。
このままの経営状態では貸すのはキビシイ、でもなんとか融資してあげたいので、
なんて時には保証人を付けてもらって、それで融資担当者の上のお偉いさんからの
許可をもらう、といった具合でしょう。

保証人と言っても、それが連帯保証人なのか、それともただの保証人であるのか、
それによっては保証人になってもらう人にとってのリスクは変わってくるものといえます。
なぜならば、保証人と連帯保証人の違い、これは存在するからです。

単なる保証人、としての扱いならば、例えば債務者本人が返済の支払いを滞納している
とかで自分のとこに請求がまわってきても、それを拒否できる権利を有しています。
自分に請求するよりも、まずは債務者本人に強く請求を行って下さい、
という主張が通るわけです。

ところが、連帯保証人ならば、自分のとこに請求がまわってきたら、単なる保証人とは
違い、それを拒否することはできません。
自分のとこに請求がまわってきたことで、その支払いに応じなければならないわけです。

こんな具合に、連帯がついているかいないかで保証人の扱いも変わるので、
頼むにしても説明しとく必要はあるかと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ